ケミカルピーリングの効果と薬剤の種類について

ケミカルピーリングとは、薬剤を塗布して角質層の結合を緩める事により、皮膚表面の角質を剥がす施術の事です。肌をきれいにするために、ケミカルピーリングはどのように作用するのでしょう。古い皮膚は、新しい皮膚ができた時に剥離し、垢となって排出されるものですが、いつまでも古い角質層が皮膚表層に留まっていることがあります。ケミカルピーリングを施すことで、不要になった角質層を剥がすことができます。肌のターンオーバーが活性化する事により、シミや色素沈着の排出を促したり古い角質が取り除かれるので肌のくすみも改善されます。また、毛穴に古い角質が詰まるとコメドやニキビなどのトラブルが起きる事があります。ケミカルピーリングをする事により、毛穴の詰まりを防ぎコメドやニキビなどの悩みにも効果が期待出来るでしょう。お肌のみずみずしさに関わっているコラーゲンやエラスチンの生成量が増やせるようにと、ケミカルピーリングの薬剤は保湿成分を生成する真皮層に届くものもあります。ケミカルピーリングを施すとどんなお肌になれるかは、事前の段階ではわかりにくいこともあります。皮脂の分泌量が多く、毛穴に詰まったり、にきびに悩まされている人には、サリチル酸マクロゴールを使うといいでしょう。アンチエイジングには、真皮にまで届くトリクロロ酢酸が最も効果的ですし、逆に敏感肌には乳酸がオススメです。このようにケミカルピーリングには多様な効果があり、悩みによって薬剤を変える事でより効果をアップさせる事も可能です。オススメ!人気の女性育毛剤はこちら