ダイエットでリバウンドしないための正しい痩せ方

ダイエット時に起こる停滞期の原因を理解して、対策を立てればリバウンドしないで済みます。頑張ってダイエットをして、何とか体重を減らすことができた場合でも、リバウンドをすれば体重は増えてしまうものです。ダイエットとリバウンドを繰り返していては、いつまで経ってもダイエットに成功することはできません。ダイエットをしていると、メンタルにストレスがかかりがちであり、ストレスの発散を食べることに求めるとリバウンドします。心身への負荷が大きいダイエットをしていると、精神的にも、肉体的にも継続が困難になってしまいますので、何とかしてダイエットを続けることが大事です。ダイエットを継続していると、始めのうちはスムーズに体重が減少しますが、その過程で停滞期に入ってしまうことがあります。ダイエットの停滞期は体が飢餓状態だと勘違いしてしまい、消費エネルギーを節約してしまうため、食事から余分にエネルギーを摂取しようとしてしまい、なかなか体重が落ちなくなってしまうものです。停滞期にダイエットがうまくいかないことにがっかりしてしまい、ストレスがたまりすぎて食べ過ぎ、リバウンドしてしまう人もいます。脂肪が体内に吸収されると、レプチンというホルモンが分泌されてしまい、満腹中枢を刺激して満腹感を得ることができます。ダイエットの最中に空腹感を感じやすくなるのは、脂肪の摂取量が少ないためにレプチンが分泌されないこともあります。食事の量を大幅に減らしていると、停滞期がきて体重の減りが鈍化した時にやる気が維持できなくなって、カロリーオーバーすることがあります。リバウンドが起きないようにダイエットをしたい場合は、1カ月に体重の5%以内の体重を落とすだけに留めて、ダイエットをしすぎいなようにすることです。クリアハーブミストの定期コースは全額返金保証付き・50%オフ